ささブログ

この人は心が少年ジャンプなんだ、と言われた。そうだよ。いいじゃん。これからもずっとな!!

【Titaniumメモ】(006)TiShadowをGruntで自動化

time 2014/02/12

TiShadowをGruntで自動化する方法のメモです。TiShadowのインストール、設定方法メモはココ

1.当該プロジェクト用のnpm初期設定

cd /Users/yamada/Titanium/Sazardry
sudo npm init
上記は「Sazardry」というプロジェクトに対しGruntを設定する場合の例。 ↓npm init のpackage.json設定内容はテキトーにポチポチで。後で書き換えればOKだし。 コマンドが成功するとpackage.jsonがプロジェクトフォルダ直下に作成されます。
{
  "name": "Sazardry",
  "version": "0.1.0",
  "description": "Sazardry",
  "main": "",
  "scripts": {
     "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "yamada",
  "license": ""
}

2.Gruntのインストール

当該プロジェクトにGruntをインストールします。
sudo npm install grunt --save-dev

3.grunt-contrib-watchのインストール

続けて、Gruntによるファイル監視のプラグインgrunt-contrib-watchをインストールします。
sudo npm install grunt-contrib-watch --save-dev

4.grunt-tishadowのインストール

さらに、GruntからTiShadowを起動するプラグインgrunt-tishadowをインストールします。
sudo npm install grunt-tishadow --save-dev
ここまでエラーなく完了していると、package.jsonが下記内容で自動更新されているはず。
{
 "name": "Sazardry",
 "version": "0.1.0",
 "description": "Sazardry",
 "main": "",
 "scripts": {
     "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
 "author": "yamada",
 "license": "",
 "devDependencies": {
   "grunt": "~0.4.2",
   "grunt-contrib-watch": "~0.5.3",
   "grunt-tishadow": "~1.0.1"
 }
}

5.Gruntfile.jsの作成

Gruntの実行内容を設定するGruntfile.jsを作成します。 ↓まず、package.jsonの”main”に”Gruntfile.js”と記述しておきます。
{
 "name": "Sazardry",
 "version": "0.1.0",
 "description": "Sazardry",
 "main": "Gruntfile.js",
 "scripts": {
     "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
 "author": "yamada",
 "license": "",
 "devDependencies": {
   "grunt": "~0.4.2",
   "grunt-contrib-watch": "~0.5.3",
   "grunt-tishadow": "~1.0.1"
 }
}
↓続けてGruntfile.jsを作成し、プロジェクトフォルダ直下に格納します。
module.exports = function(grunt) {
 //グラントタスクの設定
 grunt.initConfig({
 pkg: grunt.file.readJSON("package.json"),

 tishadow: {
   sazardry: {
     command: 'run',
   }
 },

 //watchの設定
 watch: {
   sazardry: {
     files: ['./app/*/*.*'],
     tasks: ['tishadow']
   }
 }

});

 //プラグインの読み込み
 grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-watch');
 grunt.loadNpmTasks('grunt-tishadow');

};
あとは、プロジェクトフォルダでGruntのwatchを開始すればOK。
grunt watch
応援嬉しいです^^ にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

sponsored link

down

コメントする




オレです!

やまだ33太郎あきら

やまだ33太郎あきら

名前:やまだ33太郎あきら レベル:33 職業:釣り堀屋店主 得意技:キン肉バスター33



sponsored link

人気記事