ささブログ

この人は心が少年ジャンプなんだ、と言われた。そうだよ。いいじゃん。これからもずっとな!!

ボギー・ザ・グレート

time 2011/04/28

ボギー・ザ・グレート

ボギー・ザ・グレート(ボギー THE GREAT)ですよ~。

これが、私が初めてリアルタイムで読んだ宮下あきら先生の作品です。

アクション・ハード系作家の宮下先生は、ギャグセンスも抜群です。初めて読んだ時は、まじギャグマンガ?と思っていました。

徳広正也先生と同じ系統ですね。ちなみに、このボギー・ザ・グレートが連載される半年位前に徳広先生のデビュー作「シェイプアップ乱」が連載開始されました。

ボギーに対する、私の記憶は(記憶のままに書いているので、間違っている可能性大です。思い出のまま書きます。あとでウィキペディア見ときます。)、こんな感じです。

・刑事

・張込みで、浮浪者のマネをしていた。

・「平和の象徴」鳩を捕まえて、鍋で煮込み食していた。

・新人の相棒は、宮下先生得意の「こ、これは....。」連発。

・多分10週打切り。

・最終話・最終ページに宮下先生も登場しており(写真のコピー?)、無言の吹き出しが...。

後は全然思い出せまてん(´;ω;`)

最後の宮下先生の無言は、

「なぜ俺の作品を打ち切りにした...!?」

「人気がなかったのか!!突然過ぎるぞ?」

「これから面白くなるんじゃないか!」

「おまえら(編集部)が、刑事ものにしろって言ったんだろうが..。」

「ジャンプにさんざん貢献してきたじゃないか!!」

「何、この仕打???」

と言ったことが聞こえてくるようで、辛かったです。(読んでいる当時は、そんなこと思っていないです。その後、ヒット作を出した大物漫画家が自作で、あっさり打ち切りになるのを何十回と見てきたので。車田先生のときには、そんな感じが察せるようになったので辛かった~。でも、あのリングにかけろ2は”ダサい”ですよ。車田先生(´;ω;`))

あ~。でも、これ以上思い出せないっす。相棒の新人君も今は既に50歳超えているのかぁw

 

 

 

 

 

応援嬉しいです^^ にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

sponsored link

down

コメントする




オレです!

やまだ33太郎あきら

やまだ33太郎あきら

名前:やまだ33太郎あきら レベル:33 職業:釣り堀屋店主 得意技:キン肉バスター33



sponsored link

人気記事