ささブログ

この人は心が少年ジャンプなんだ、と言われた。そうだよ。いいじゃん。これからもずっとな!!

Home » スマートフォンアプリ開発 » Mac » マルチディスプレイ間をショートカットキーでマウスカーソル移動するMac用マウスユーティリティ

マルチディスプレイ間をショートカットキーでマウスカーソル移動するMac用マウスユーティリティ

calendar

reload

マルチディスプレイ間をショートカットキーでマウスカーソル移動するMac用マウスユーティリティ

MacAppStore マルチディスプレイのマウスカーソル位置をショートカットキーで瞬時に移動:S2Mouse ←ダウンロードはこちらから。

※英語版の説明はこちらです。

マウスカーソルの位置を複数記憶し、ショートカットキーで一瞬で移動できるMac用マウスユーティリティです。手首の負担と仕事の効率化が大幅アップ!
マルチディスプレイにも対応。

1.長い前置き
在宅環境にて外付けディスプレイを2つ接続し2年半以上使っていたら、右手が腱鞘炎になりすぎて激痛が酷いです。服を脱ぐのにも息が止まるほどの痛みがでました。
そのため、できるだけ右手の負担を減らそうと、最近、左手用のトラックボールマウスを購入し右手を封印しています。また整骨院に通って治療を継続しています。知らない間に重症になっていた感じです。これ2つのディスプレイ間の距離が長すぎですよね。元のノートPCも合わせると3つのディスプレイ間の長大な距離をマウスでいったりきたり。右のディスプレイでEXCEL、左のディスプレイでブラウザ、真ん中のノートPCでSlackとかTeamsとかやらマウスカーソルがいったりきたり。MacってなにげにキーボードオペレーションがWindowsに比べイマイチ。マウス使わないと操作できないことが多すぎ・・・??
なので、今度はトラックボールを操作する親指がつってきた・・・!!
ショートカットキーとかで各ディスプレイにマウスカーソル移動できないかな・・・と。

2.マウスカーソル移動ツールを探す。
うーん。2つほど見つかりましたがお値段が結構する・・・。ちょっと躊躇。
かつ任意位置にマウスカーソルをジャンプできないかも?。
しかし親指も右腕もこれ以上悪化させたくはない。このままだと左腕も右手と同じ症状がでるかも。
どうしようか、買ってみるかな・・・。

3.いや自分で作ってみるか!!
欲しいものがなければ作ってみるか!X68Kの精神です。
という訳で、自分で作ってみました。これは自分用アプリですね。
AppStoreに公開しておけば、どこかの現場にいっても(許可をもらえたら)このツールをインストールできるし!
Macアプリは初めてだし、Swiftも初めて、かつApple Developer Programingも期限が切れているけど経験のためチャレンジしてみようかな、、と。

4.という感じでS2Mouse
任意のマウスカーソール位置を記憶し、ショートカットで記憶位置にマウスカーソルを移動するツールです。アプリ名はS2Mouse。
ツールの概要は下図のとおりです。

ディスプレイ間のマウスカーソル位置を瞬時に移動

↑任意のマウスカーソル(マウスポインタ)位置を記憶します。
マルティディスプレイ間をまたいだマウスカーソル位置の記憶もできます。
そして、記憶したマウスカーソルの位置を行ったり来たり移動(切り替え)できます。

任意のマウスカーソル位置を保存

↑マウスカーソルの位置は、現在のバージョンでは最大2箇所記憶できます。
同じディスプレイ内でも記憶が出来ます。超横幅が長いディスプレイでも活用できるかな、と。

ショートカットキーでマウスカーソル位置を記憶

↑マウスカーソルの位置はショートカットキー(cmd + マウスクリック または Shift + マウスクリック)でサクッと記憶できます。
cmd + Shiftで記憶したマウスカーソル位置のクリアができます。

うーん、このくらいならサクッと作れるかな、、、と。
いえ、全く私には簡単には作れませんでした!!!!。
ネットを探してもなかなか情報が見つからないし。うまく動かないし、でめちゃくちゃ時間がかかりました。久しぶりのXCodeも悪くはないのですが、デバッグが使いづらかった・・・。
しかし、しかし、やっとできた!なんとかでけた!!

MacAppStore マルチディスプレイのマウスカーソル位置をショートカットキーで瞬時に移動:S2Mouse  ←ダウンロードはこちらから。

5.今後の展開
下記を対応していきたいな、と考えています。

・ログイン時に自動起動できるようにする(設定画面で選択可能)→済
・マウスカーソル移動のショートカットキーをカスタマイズできるようにする。
・マウスカーソルの記憶数を増やす(最大4つくらいが使いやすい?)
・マウスカーソルの記憶位置を保存できるようにする。
・マウスカーソルの記憶位置をセット単位で保存できるようにする(ドキュメント作成用、プログラム作成用等で記憶セットを保存できるようにする。いらないか?)。
・マウスカーソルの移動位置が見つけやすいように、マウスカーソル移動エフェクトの大きさや色を変えられるようにする。
・・・・等々。

本職のプログラマさんではないですし、Macアプリは初めてで何も分からず状態。しかもネットでもあまり情報が見つからず。もし万が一使っていただける方がいらっしゃいましたら、ご意見、ご要望、ご指摘のコメントをいただけますと幸いです。
時間はかかりますがコツコツ対応していきたいと考えています。

6.リリースノート
Version.1.2.3.14(2022/08/09)
・cmd + Shiftで記憶したマウスカーソル位置のクリア機能を追加

Version.1.1.3.12(2022/08/02)
・対象のmacOSバージョンをmacOS 11.0〜に変更。

Version.1.1.2.11(2022/08/01)
・設定画面に下記項目を追加。
・ログイン時に開く(Lunch at Login)
・マウスカーソル移動のデフォルトショートカットキーを「cmd + option」から「Shift + option」に変更

Version.1.0.0.0(2022/0725)
・初回リリース

MacAppStore マルチディスプレイのマウスカーソル位置をショートカットキーで瞬時に移動:S2Mouse  ←ダウンロードはこちらから。

応援嬉しいです^^ にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す